徳島県徳島市で債務整理に専門弁護士3選|自己破産などで悩んでたら無料相談を

自己破産の基礎知識記事一覧

債務整理の種類の中でも、最終的な手段としてなるべく使われないのが、自己破産をするということです。借金を何回もして、返済が滞ってしまい、自己破産になってしまう予備軍と言われる方は150万人以上ということです。もしきちんと自分が支払いをしなければ保証人になってくれている親や親せきなどにも迷惑をかけるので、借金にどんなに困っていたとしても早く払わなければと思い返済するために借金をする多重債務という困った...

自己破産のことでも気になる項目の1つは、万が一自己破産をした場合退職金はどうなるのかというポイントがあると思われます。自己破産をする際、実は退職金を貰える立場にある方ならば、申立書や資産目録に記入をしなければいけないということが定められています。当たり前と言えますが、これは必ず申告に嘘はいけません。自己破産をする手続きにおいて、自己破産した方に残っている財産は、すべてお金にかえられて債権者に渡され...

自己破産の申し立てを行う場合、破産申立書を地方裁判所に出さなければいけません。その時複数の書類も合わせてから、提出することになります。具体的にはどんなものが必要になるのでしょうか。発行から3ヶ月以内の住民票や戸籍謄本住民票は家族全員分の記載が必須です。と言う事で、住民票記載事項証明書ではなく、続柄、本籍地、世帯主などが全部記載されている写しを取得することになります。住民票であれば支所などで取得出来...

自己破産手続きにて菅財事件となれば破産管財人というものが選ばれます。そして、先にも述べたように、彼らは破産者の財産を確認して、債権者に換金して配当します。でも、自己破産したからと言って全ての財産が売られるとは限りません。例えば、現金でも99万円以下の場合は自由財産として渡さなくても良いと定められているんです。また、差押金氏財産は没収はありません。具体的な物は、家具、家電、衣服やベッドなど、仕事をす...